専業主婦でも借りれるカードローン

専業主婦の私がカードローンでお金を借りれました

私は専業主婦です。毎月の生活費を主人からもらって何とかやりくりしています。主人はお金にうるさくないので、もらったお金の範囲内でやっていれば文句は言われません。へそくりもちょっとだけできます。ただ、先日親しい友人から結婚式の招待状が届き、出席したいと思ったのですが披露宴に着ていけるような服もなくご祝儀も持って行かないといけないからちょっとお金が足りなくて、結局カードローンでお金を借りることにしました。専業主婦でも借りれるカードローンをいろいろ探してスマホでも申し込みができる銀行のカードローンに申し込むことにしました。そのカードローンは銀行なのに金利が消費者金融並みなのですが、無利息期間というのがあるので、返済の負担がだいぶ減ると思ってここにしました。専業主婦でも借りれるということだったのですが一応「お借り入れ診断」というのを試してみました。結果は「ご融資できる可能性があります」ということだったので、すぐにスマホで申し込みました。審査結果の画面で借り入れ可能ということだったので本人確認書類をアプリで送りました。午前中に申し込みをしたのでその日のうちに口座にお金を振り込んでもらえてとても助かりました。

 

専業主婦だとカードローンは利用できないんじゃないかとかいろいろ書類が必要なんじゃないかと思っている方も多いと思いますが、銀行カードローンなら自分の運転免許証とか健康保険証があればそれで申し込みができるので専業主婦でも家族にもばれずに借り入れができます。治安ミニ大手消費者金融では専業主婦に貸してくれるところはありません。中堅以下のところでは専業主婦にも貸してくれるところがありますが金利が高いし、配偶者の同意書が必要なので夫に内緒では借りれません。それにヤミ金とかもあるのでちょっと怖いです。やっぱり銀行カードローンがいいと思います。私は自分に収入がないからしょっちゅうカードローンで借りようとは思いませんが、いざというときに借りれるところがあると思うとやっぱり安心です。

カードローンの審査に有利な人不利な人

カードローンには必ず審査というものがありますね。貸す方としては全額回収したいわけなのでこの審査は非常に大事なプロセスになります。借りる方としてはちょっと面倒ですが仕方ありません。だれでもこの審査に通りたいと思いますが、残念ながら審査に落ちてしまう人もいます。ここではどんなことが審査に不利な影響を及ぼすのかについて書いてみたいと思います。

何が審査されるか

カードローンの仮審査はコンピューターによる自動審査ですので、本人が申し込みフォームに入力した情報が処理されてポイント化され可否が決まります。ポイントが一定基準に達していれば仮審査に通りすぐに結果連絡が来ます。入力フォームには住所や名前などのほかに職業、勤務先、勤続年数、勤務形態、住居、他社借り入れ件数、借入残高の総額、保険の種類などを入力しますがこれらがそれぞれポイント化されます。職業に就いていえば安定した職業が有利で、水商売といわれる世間の人気に左右される職業や、離職率の高いバーやキャバクラなどで働いている場合には審査には不利になります。また、勤務先は大企業や公的機関ならポイントは高くなりますが、安定した企業で働いていれば中小企業であっても審査に不利になることはありません。勤続年数は長ければ有利ですが1年以上であれば特に心配はありません。勤務形態は正社員として働いている場合が最もポイントが高く、アルバイトやパート勤務の場合はポイントが低くなりますが、勤続年数が長ければ評価は高くなります。

カードローンの審査で重要視される現在までの借入状況

カードローンの申し込みフォームには他社借り入れ件数や借入残高の総額も入力しますが、金融機関はこれにより返済能可能かどうかを判断します。消費者金融からの借り入れが4,5件ある人は1件だけの人よりも審査では不利になります。また、借入残高の総額が同じなら借り入れ件数が少ない人の方が有利になります。借り入れ件数が多いということは各社から限度額を低く設定されているということを意味するので、属性があまりよくないと判断され審査には不利になります。ちなみにこの他社借り入れ件数や借入残高の総額は金融機関が信用情報機関に問い合わせれば確認できるものなのでうそを書くとすぐにバレて審査には通りません。ですから正直に申告してくださいね。

専業主婦は審査に不利になるか?

カードローンの申し込み条件を見ると本人に安定した収入があることというのがあるので無職の専業主婦は借りれないと思っている人もいますが、銀行カードローンや一部の消費者金融では借りれることになっています。ですからそのようなところを借入先として選択すれば審査に通る可能性は十分あります。過去に延滞や債務整理などの経験がなくご主人にも安定した収入がれば、審査には有利になります。またこれは専業主婦に限ったことではありませんが、もし5年以内に債務整理や延滞などがあると審査には通りません。それから専業主婦ですでに他社借り入れがある場合は他社借り入れが0の人よりは審査に不利になります。返済のことも考えるとまずは、現在の借り入れ金を完済してから新たなカードローンに申し込むことをお勧めします。